第8回「絵を描くこと」vol.1

ある日、ふと大切な人への想いを形にしたいと思いました。
大切な人の”色”が浮かんできました。
“かたち”が浮かんできて、”音”も聞こえてきました。

自分の心の声を聞いてあげる、大切な時間。

そこから自然と絵を描くことが始まり、生活の一部になりました。

「恋藍」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報を浴びる毎日
SNS、LINE、ネットニュース、メールの返事を数時間だけおやすみする

深く自分と向き合ってみる
何かが見えてくる
誰かを想ったりする

だからまた前を向ける


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本伝統色の一つ、濃藍(こいあい)色の顔料を使った作品。
藍染の中でも最も濃い色の一つで、高ぶった気持ちを深く落ち着かせてくれます。
平安時代の格式『延喜式 』縫殿寮 の項によれば、藍染による『藍色』は濃い色から順に『濃藍』『中藍』『浅藍』『白藍』の四段階に区分されていました。
藍色は茶色、鼠色と並んで江戸時代に流行した色であり、多くの派生色が存在します。

「深緋」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


わたしの色ってきっとこんな感じ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

深い緋色は、情熱の中に気品があり「あか」という一言では伝えきれない深緋だけの絶妙な赤みがあります。
飛鳥時代から高貴さを表す色で、飛鳥時代や奈良時代には、役人の装束の色とされていました。
日本の朝廷において、一定の地位や官位等を持つ者以外に禁じられた服装の色(禁色)の一つです。
気品溢れるこの「深緋」を皆様に届けたい、そんな思いからfucicaのキーカラーとしています。

NEW POST
第18回「新作リップバームを伊勢丹 新宿店にて先行販売」
第17回「お化粧の教育」
第16回「好きなものを身につける」
第15回「はれふりそで」
第14回「美しい化粧と、お米」
第13回 「世界でたった一つの刻印入り口紅を」
第12回 「わたし展」
第11回 「fucicaコンセプトショップ”iromusubi” とは」
第10回 「”iromusubi”のオープンに向けて」
第9回「絵を描くこと」vol.2